PR

ニュース 社会

交番で制圧されたブラジル国籍の男死亡 神奈川・海老名

 神奈川県警海老名署は7日、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されたブラジル国籍の男(39)=同県海老名市=が逮捕後に死亡したと発表した。同署が死因を調べている。

 同署によると、7日午前2時15分ごろ、同署さがみ野駅前交番に男が突然訪れ、交番内にいた同署地域課の男性巡査部長の顔を殴るなどしたため、巡査部長らが男の体を押さえつけるなどして制圧。同容疑の現行犯で男を逮捕した。

 逮捕から約10分後、男の呼吸が弱まり、顔面蒼白などの症状が見られたことから病院に搬送されたが、同3時25分ごろに搬送先の病院で死亡が確認されたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ