PR

ニュース 社会

福岡市営地下鉄で発煙 約3時間停止、4万人以上に影響

騒然とする福岡市博多区の中洲川端駅の周辺=4日午後8時36分
騒然とする福岡市博多区の中洲川端駅の周辺=4日午後8時36分
その他の写真を見る(1/2枚)

 4日午後8時20分ごろ、福岡市博多区の市営地下鉄中洲川端駅で、駅員から「車両から煙が出ている」と市消防局に通報があった。市交通局は、同駅を経由する空港線と箱崎線の運転を3時間近く停止。運休が生じ、約4万2900人の利用者に影響した。けが人はなかった。

 市消防局によると、約5分後に消防隊員が到着した際に煙は消えていたといい、原因を調べている。

 同駅があるのは、歓楽街・中洲の一角。構内では火災警報が鳴り響く中、駅員が客の避難誘導に追われ、騒然とした雰囲気に包まれた。40代の女性会社員は「職場が近くて怖い」と不安そうに話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ