PR

ニュース 社会

埼玉県警巡査詐欺未遂疑い 遺族に「遺体搬出で費用」

 埼玉県警は4日、遺体が発見された部屋の清掃に費用がかかると偽り、病死した男性の遺族から現金をだまし取ろうとしたとして、川越市に住む川越署刑事課の巡査、糸井祥太容疑者(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は3月27~31日に病死した弟=当時(67)=の遺体を引き取りに来た北海道に住む無職の女性(69)に「部屋の清掃や遺体の搬出にお金がかかる」などと嘘の電話を複数回かけ、現金約40~50万円をだまし取ろうとしたとしている。不審に思った女性が同市内の葬儀会社を通じて今月2日に同署に相談し、事件が発覚した。糸井容疑者は容疑を一部否認しているという。

 県警によると、男性は同市内のアパートに1人暮らし。2月25日に安否確認のため訪問した同署員らが遺体を発見した。県警の近藤勝彦首席監察官は「捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とコメントした。

 県警では、病死した男性の遺族に死体検案書の提出手続きに費用がかかると偽って約80万円を詐取したとして、詐欺などの罪に問われた草加署刑事課の男性元巡査(22)が今年2月に有罪判決を受けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ