PR

ニュース 社会

九州大准教授を逮捕、酒気帯び運転疑い

 酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとして、福岡県警春日署は4日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、九州大准教授の伊藤正人容疑者(50)=同県那珂川市松木=を現行犯逮捕した。伊藤容疑者は容疑をおおむね認めているが、呼気から検出された値について「飲酒だけではなく、研究で使った溶液の影響もある」と供述している。

 逮捕容疑は4日午前0時45分ごろ、那珂川市松木の県道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。

 署によると、伊藤容疑者は交差点で軽乗用車との衝突事故を起こした。署員が現場で伊藤容疑者の呼気を調べたところ、基準値の2倍超のアルコールが検出された。

 九州大のホームページによると、伊藤容疑者は同大の先導物質化学研究所に所属し、専門は分子科学。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ