PR

ニュース 社会

原発賠償金4千万円詐取の疑い 福島県警、男3人逮捕

 福島県警は3日、経営する建設会社が東京電力福島第1原発事故で営業損害を受けたと偽り、東電から賠償金約4500万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで会社役員、吉田浩二容疑者(64)=同県須賀川市=ら3人を逮捕した。

 逮捕容疑は、平成24年4月下旬、吉田容疑者の建設会社が事故による風評被害で工事のキャンセルが出たなどと偽った請求書を東電に提出し、約4500万円を詐取したとしている。同社が受け取った賠償金計約1億円のうち、他にも不正がないかを調べる。

 東電からの情報提供を受け県警が捜査していた。他に逮捕したのは韓国籍の会社役員、金孝尚容疑者(62)=同県郡山市=と、住所不定の無職、村田博志容疑者(60)で、請求書類作成の相談に乗っていたとみて調べる。2人は、金容疑者が経営していた公衆浴場を巡る賠償金計約6億3000万円を詐取した疑いで、3回ずつ逮捕されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ