PR

ニュース 社会

改元詐欺にご用心 「新元号でキャッシュカード変わる」高齢者被害

 大阪府内でも五輪開催が決まって以降、「東京五輪までにカードのセキュリティーを上げないといけないので現在のカードを預かる」などと嘘を言い、キャッシュカードを受け取り、現金を引き出す事件が約10件発生。被害額は500万円を超えるという。

 大阪万博をめぐっては、会場となる夢洲(ゆめしま、大阪市此花区)の「土地を買わないか」といった不審な投資話が突然、携帯電話にかかってくるケースも確認されている。

 同センターは、今後予想される手口として▽大手ショッピングサイトをかたり会員情報やパスワードの変更を促して個人情報を盗む▽「令和記念」と称して皇室関連の商品を一方的に送りつけて高額を請求する-などを挙げている。

 担当者は「いずれも現在発生している詐欺の手口に改元を当てはめたもの。不審な電話はすぐに切り、お金を払う前に消費生活センターや警察に相談してほしい」と呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ