PR

ニュース 社会

被害者に一方的な好意か 杉並保育士殺害 容疑で逮捕の同僚

(1)殺害現場となった照井津久美さんの自宅、(2)松岡佑輔容疑者宅、(3)2人が勤務していた乳児院=31日午後、東京都杉並区
(1)殺害現場となった照井津久美さんの自宅、(2)松岡佑輔容疑者宅、(3)2人が勤務していた乳児院=31日午後、東京都杉並区

 東京都杉並区下井草のアパート2階の一室で、住人の保育士、照井津久美(つぐみ)さん(32)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された同僚の保育士、松岡佑輔容疑者(31)が事件前、周囲に「照井さんに好意がある」という趣旨の話をしていたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。2人に交際関係はなく、警視庁荻窪署捜査本部は松岡容疑者の一方的な恋愛感情が背景にあるとみて詳しい動機を調べている。

 捜査本部は同日、2人の勤務先の乳児院を家宅捜索した。

 捜査関係者によると、松岡容疑者は、「私は刺していない。他の男がやった」などと容疑を否認する一方で、事件当日、照井さん方を訪問したことをほのめかす供述をしている。現場周辺の防犯カメラには、事件前夜に松岡容疑者とみられる不審な男がうろつく様子や、事件直後に松岡容疑者に似た人物が立ち去る姿が写っていた。

 捜査関係者によると、松岡容疑者は6年ほど前から照井さんと同じ乳児院に勤務。仕事ぶりは真面目だったという。職場で2人の間に目立ったトラブルはなく、捜査本部は松岡容疑者が一方的に感情を募らせ、照井さんが夜勤で留守になる時間帯を狙って部屋に侵入するなど、計画的に犯行に及んだとみている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ