PR

ニュース 社会

逮捕の同僚男宅からコート押収 遺留物とDNA型一致

荻窪警察署から出る松岡佑輔容疑者=31日午後、東京都杉並区(川口良介撮影)
荻窪警察署から出る松岡佑輔容疑者=31日午後、東京都杉並区(川口良介撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 東京都杉並区下井草のアパート2階の一室で住人の保育士、照井津久美(つぐみ)さん(32)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された同僚の保育士、松岡佑輔容疑者(31)=同区井草=の自宅から、犯行時に身につけていたとみられるコートが見つかっていたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁荻窪署捜査本部が押収し、詳しい鑑定を進めている。

 松岡容疑者は「刺していません」などと容疑を否認しているものの、現場に残された遺留物のDNA型が松岡容疑者と一致したことも判明。現金入りの財布などは室内に残されており、捜査本部は動機や犯行に至った経緯の解明を急ぐ。

 捜査関係者によると、松岡容疑者は6年ほど前から照井さんと同じ乳児院に勤務。2人の間に交際関係や、目立ったトラブルなどはなかったという。松岡容疑者は事件前日の25日と当日の26日が連休で、翌27日は通常通り出勤。ただ、様子に不審な点があり、乳児院関係者が警視庁に連絡していた。出勤時、首や手にかすり傷があったといい、犯行時に照井さんともみあうなどした際に負傷した可能性がある。

 照井さんは26日正午ごろ、夜勤を終えて帰宅した直後に背中を包丁で刺されて殺害された。直後に黒いコートを着た男が現場から立ち去る様子が目撃されており、押収されたコートを着用した松岡容疑者だったとみられる。

 アパート2階の廊下側の屋根から照井さん方のベランダに向かって一直線に足跡が確認されており、捜査本部は松岡容疑者が照井さんの部屋の位置や留守の時間帯など勤務状況も把握したうえで、屋根伝いに侵入したとみている。松岡容疑者の自宅からアパートまでは約900メートルの距離だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ