PR

ニュース 社会

近所の同僚男を逮捕、保育士殺害 警視庁

現場付近を調べる捜査員ら=26日午後、東京都杉並区(川口良介撮影)
現場付近を調べる捜査員ら=26日午後、東京都杉並区(川口良介撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 東京都杉並区下井草のアパート2階の一室で住人の保育士、照井津久美(つぐみ)さん(32)が殺害された事件で、警視庁荻窪署捜査本部が照井さんの勤務先の乳児院の同僚で、照井さん方の近くに住む30代の男が事件に関与した疑いが強まったとして、殺人容疑で逮捕したことが30日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、勤務先から「事件後、欠勤している職員がいる」などと相談があり、男が浮上した。捜査本部は周辺の防犯カメラに男が写っていることなどを確認。同日、男を任意同行して事情聴取し、杉並区内の男の関係先を捜索した。

 照井さんは26日正午ごろ、勤務先の乳児院から夜勤明けで帰宅した直後に襲われ、室内にあった包丁で刺殺された。包丁は背中の左肩部分に約15センチの深さで刺さり、柄の部分が折れた状態で室内から見つかった。死因は失血死だった。

 室内やベランダには争ったような形跡があり、照井さんの首や手には、争った際についたとみられる圧迫痕や皮下出血があった。室内には照井さんの携帯電話と、現金入りの財布が残されていた。

 アパート2階の外廊下側から、屋根の上を照井さん方のベランダへ一直線に向かう足跡が見つかり、ベランダの掃き出し窓の鍵付近のガラスが工具などで割られたような形跡があった。

 外廊下などには血痕が残されており、鑑定の結果、照井さんのものと確認したとしている。男は手にけがをしているとの情報があり、照井さんともみ合った際に負傷した可能性がある。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ