PR

ニュース 社会

那須雪崩事故2年 現場近くで遺族らが独自に追悼式

第1回「那須雪崩事故 祈りと誓い」の冒頭、8人への思いを読み上げる佐藤政充さん=26日、那須町湯本の小丸山園地(根本和哉撮影)
第1回「那須雪崩事故 祈りと誓い」の冒頭、8人への思いを読み上げる佐藤政充さん=26日、那須町湯本の小丸山園地(根本和哉撮影)

 平成29年3月、栃木県那須町で登山講習中に高校生ら8人が犠牲となった雪崩事故から2年となる27日を前に、遺族らが現場近くの小丸山園地(同町湯本)で26日、追悼式として「那須雪崩事故 祈りと誓い」を開いた。

 遺族7家族と弁護団の計25人が参加。式の冒頭、息子の佐藤宏祐(こうすけ)さん=当時(16)=を亡くした父、政充さん(49)が「あなたたちに会いたい」と8人への思いを伝えた後、各遺族が焼香や花をささげ、それぞれの子供たちへ語りかけていた。

 閉会後、取材に応じた、奥公輝(まさき)さん=当時(16)=の父、勝さん(47)は「この場所と事故を記憶にとどめ、教訓にしてもらいたい。安全を第一に考え、先生方には部活動の指導にあたってほしい」と再発防止を訴えた。教諭の毛塚優甫(ゆうすけ)さん=当時(29)=の父、辰幸さん(66)は「つらい2年間だった。どうして大雪の中、山に登ってしまったのか」と、講習内容を決めた3人の教諭の判断に疑問を投げかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ