PR

ニュース 社会

空き巣疑いの男逮捕 3県で133万円被害

 無施錠の住宅を狙って空き巣を繰り返したとして、兵庫、鳥取両県警が窃盗などの疑いで住所不定の無職、坂本仁容疑者(32)を逮捕していたことが26日、分かった。既に起訴され、公判中。両県警は平成28年8月~30年11月に茨城、兵庫、鳥取の3県で計27件、約133万円相当の窃盗被害を裏付けたとしている。

 兵庫県警によると、茨城県内に住んでいた際に空き巣を始めた疑いがある。16年ごろに地元の兵庫県に戻り、無施錠の玄関や窓から侵入する手口で、鳥取市などまで車で移動していたという。

 逮捕容疑は昨年10月、兵庫県養父市の住宅で現金約13万円を盗むなどしたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ