PR

ニュース 社会

特養おやつ死亡事故で有罪 ドーナツで意識失う 介護現場の注意義務争点

 長野県安曇野市の特別養護老人ホームで平成25年、おやつのドーナツを食べた直後に意識を失い、その後死亡した入居者女性=当時(85)=の注視などを怠ったとして業務上過失致死罪に問われた准看護師、山口けさえ被告(58)に長野地裁松本支部(野沢晃一裁判長)は25日、求刑通り罰金20万円の有罪判決を言い渡した。

 介護現場でおやつの提供にどこまでの注意義務があるかが注目を集め、福祉や医療関係者を中心に、無罪を求めて約45万筆の署名が集まっていた。

 検察側は論告で、被告が誤嚥の可能性がないかを注視し、おやつも1週間前の形態変更に伴ってゼリー状のものを配膳(はいぜん)しなければならなかったと指摘していた。弁護側は「意識喪失は内因性の疾患が原因だ」と無罪を主張していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ