PR

ニュース 社会

近江八幡監禁殺人、主犯格に懲役30年 大津地裁判決

 滋賀県近江八幡市や堺市の民家で男性2人を監禁し、そのうち堺市の無職、渡辺彰宏さん=当時(31)=を死亡させるなどしたとして、殺人や監禁などの罪に問われた同市の飲食店経営、井坪政(しょう)被告(30)に対する裁判員裁判の判決公判が22日、大津地裁で開かれ、伊藤寛樹裁判長は求刑通り懲役30年を言い渡した。

 弁護側は監禁の事実や殺意はなく、渡辺さんが衰弱したのは共犯者の暴行が原因などとして無罪を主張していた。

 判決理由で伊藤裁判長は、渡辺さんが死亡する危険性の認識を認定した上で「発覚を免れるために共犯者に犯行を指示し、主導的役割を果たした」と指摘。「監禁の実態はあまりにもむごい。おぞましく非人道的な犯行」と述べ、量刑は求刑通り有期刑の上限が相当と判断した。

 判決によると、井坪被告は他の男女と共謀し、堺市の民家で渡辺さんら男性2人を約1~4年監禁して虐待。平成29年8月、衰弱した渡辺さんを近江八幡市の民家に閉じ込め、適切な医療を受けさせずに細菌性肺炎で死亡させた。

 この事件では計5人が殺人罪などで起訴され、井坪被告以外の4人はすでに大津地裁で懲役11~20年の判決を受け、控訴している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ