PR

ニュース 社会

元特捜部長を在宅起訴 東京地検、男性はね死亡させる

 東京都港区で昨年2月、乗用車で歩道に突っ込み、男性をはねて死亡させたとして、東京地検は22日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(過失建造物損壊)の罪で、元東京地検特捜部長、石川達紘(たつひろ)弁護士(79)=神奈川県鎌倉市=を在宅起訴した。関係者によると、起訴内容を否認している。

 起訴状などによると、昨年2月18日、渋谷区内の道路で降車しようとした際、誤って乗用車を急発進させ時速100キロ以上で約320メートル暴走。港区白金の歩道にいた足立区の自営業、堀内貴之さん=当時(37)=をはねて死亡させ、店舗兼住宅のシャッターなどを壊したとしている。

 石川被告は当初、「車が勝手に暴走したのではないか」と話していたが、メーカーが車体検査した結果、異常は確認されなかった。昨年12月に書類送検された際も「アクセルを踏み込んだ意識はない」などと容疑を否認していた。

 石川被告は東京地検特捜部でロッキード事件などの捜査に携わり、平成元年に特捜部長に就任。福岡、名古屋の両高検検事長を経て13年に退官、弁護士として活動していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ