PR

ニュース 社会

無免許運転で男子高生1人死亡 少年2人けが 川崎市の少年を逮捕

 無免許で車を運転して同乗者を死亡させたなどとして、神奈川県警青葉署は19日、自動車運転処罰法違反(無免許過失致死傷)の疑いで、川崎市高津区の自称造園作業員の少年(16)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は11日午前1時半ごろ、横浜市青葉区すすき野の市道で、無免許で普通乗用車を運転し、反対車線の電柱などに衝突。同乗していた高校1年の男子生徒(16)=川崎市宮前区=を死亡させ、ほか2人の少年に重傷を負わせたとしている。

 同署によると、現場は片側1車線の直線道路。車は反対車線の歩道に乗り上げ、電柱などに衝突した。死亡した男子生徒は車外に投げ出され、頭を強く打ったとみられる。路面にブレーキ痕はみられなかったという。同署が事件の原因などを詳しく調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ