PR

ニュース 社会

警官2人刺傷で無罪判決 「心神喪失」と金沢地裁

 交通違反に関する事務手続きのため自宅を訪れた警察官2人をサバイバルナイフで襲い、重傷を負わせたとして、殺人未遂などの罪に問われた金沢市の男性被告(38)の裁判員裁判で、金沢地裁(田中聖浩裁判長)は18日、「心神喪失状態にあった」として、無罪判決を言い渡した。求刑は懲役8年。

 刑事責任能力の有無が争点となり、検察側は論告で「心神耗弱状態だったが、限定的な責任能力はあった」と指摘。弁護側は最終弁論で「心神喪失状態だった」と無罪を主張し、医療観察法に基づく治療を求めた。

 起訴状によると、被告は平成29年8月27日、金沢市の自宅と周辺で、警察官2人に刃体の長さ約10センチのナイフで突き刺し、顔などに重傷を負わせたとしている。金沢地検は約2カ月間、被告を鑑定留置し、同年11月に起訴した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ