PR

ニュース 社会

東、西日本で大気不安定 気象庁「落雷に注意を」

 上空に寒気が流れ込むため、西日本と東日本では大気の状態が不安定になるとして、気象庁は16日、落雷や竜巻などの激しい突風に警戒を呼び掛けた。ひょうが降る恐れもあり農作物の被害にも注意が必要だとしている。

 気象庁によると、西日本と東日本では上空約5500メートルに氷点下30度以下の寒気が流れ込む影響で、16日昼前にかけて大気が非常に不安定となる。積乱雲が近づく兆しがあれば、建物内などに逃げるよう求めている。

 西日本と東日本では、16日午後も大気が不安定となる所がある。また17日には再び上空に寒気が流れ込むため、落雷や突風の恐れがあるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ