PR

ニュース 社会

アポ電強殺 指示役や道具準備役、特殊詐欺組織の特徴

 「稼げる仕事がある」-。ある暴力団関係者は、LINE(ライン)などのSNS(会員制交流サイト)を通じ、別の暴力団関係者から強盗の実行役の「勧誘」を受けたことがあるという。SNSを通じた勧誘は、特殊詐欺で現金を受け取りに行く「受け子」などを集める際に用いられてきた。

 関係者は「暴力団が絡むネットワークは特殊詐欺の摘発強化を受けて、現金の獲得手段を強盗に変化させ始めている。ただ、カネに困った若者らを勧誘の対象にすることに変わりはない」と明かした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ