PR

ニュース 社会

【太陽光発電は人を幸せにするか】(29) 発電所の再生土が崩落 4カ月後の今も通行止め

 発電所は、もとはジャスダックに上場している「ピクセルカンパニーズ」(東京都港区)の子会社だった「ルクソニア」(東京都渋谷区)が販売した。(27年5月から28年11月まで子会社だった。同社は現在、ピクセル社とは資本関係がない)

 下田市議会の議事録によると、発電所の総面積は約2・9ヘクタール、パネルの総面積で約1・1ヘクタール。先の女性は平成27年5月、施工業者に「ここは1年中湧水があり、昔は水害もあった。くれぐれも災害がないように」と話したという。

 だが、わずか4カ月後の27年9月6日、台風の影響で発生した土砂崩れで、民家1棟が押し流されたのだった。(WEB編集チーム 三枝玄太郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ