PR

ニュース 社会

千葉・香取の遺体損壊 殺人認めず元社長に懲役6年判決

 昨年3月、千葉県香取市の山林で、産廃処理会社社長の加藤和夫さん=当時(69)=の遺体が見つかった事件で、死体損壊・遺棄罪と殺人罪に問われた土木会社の元社長、飯島健司被告(77)の裁判員裁判の判決公判が15日、千葉地裁で開かれた。松田俊哉裁判長は「殺意があったと認定できない」として、殺人罪ではなく傷害致死罪を適用し、懲役6年(求刑懲役15年)を言い渡した。

 裁判では飯島被告が書いた上申書の採否が争点となった。飯島被告は21時間以上に及ぶ任意同行の段階の取り調べで「加藤さんの頭を鉄パイプで殴った」とする上申書を作成したが、逮捕後、「訂正したい」と申し出た。松田裁判長は「深夜、長時間にわたる取り調べは違法だった」と指摘。「上申書は証拠にできない」との判断を示した。

 その上で、他に加藤さんの頭を殴ったとする証拠がないことなどから、「殺意は推認できない」と結論づけ、傷害致死罪を適用した。

 判決によると、飯島被告は昨年3月3日、同県成田市の造成地で加藤さんの肩付近などを鉄パイプで殴って死亡させた上、専務の男と共謀して同5日までに、香取市の山林で加藤さんの遺体を燃やした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ