PR

ニュース 社会

日本の各校、留学生らの無事確認し安堵 NZ乱射

銃乱射事件が起きたニュージーランド・クライストチャーチのモスク=2014年(ロイター=共同)
銃乱射事件が起きたニュージーランド・クライストチャーチのモスク=2014年(ロイター=共同)

 乱射事件が起きたニュージーランドには日本の高校や大学の生徒らが滞在している。安否確認に追われた各校の担当者は、無事を確認できると一様に安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 敬愛高校(北九州市)は事件現場から車で20~30分の距離にある高校に生徒15人が語学留学中だった。期間は3月19日までで、事件当時は校内でお別れの会が開かれていたが途中で終了。生徒をホストファミリー宅に帰したという。生徒は全員無事で、週末は外出を控える予定。敬愛高の男性教諭は「乱射事件が起こる場所とは思っていなかった」と驚いた様子だった。

 事件が起きたクライストチャーチにある大学に短期留学していたのは園田学園女子大(兵庫県)の学生13人。全員無事だった。熊本学園大(熊本市)によるとクライストチャーチのポリテクニック工科大には学生3人が半年間の短期留学中。夕方までに全員の無事が確認できたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ