PR

ニュース 社会

埼玉・和光の57歳男性、電子マネー50万円被害

 埼玉県警朝霞署は15日、同県和光市の男性会社員(57)が49万円分の電子マネーをだまし取られる被害に遭ったと発表した。同署は詐欺事件として調べている。

 同署によると、12日午後5時ごろ、男性の携帯電話に、「利用料金の支払いの確認が取れない」などと書かれたメールが届き、記載の番号に電話したところ、ファイナンス会社の社員をかたる男らから未払い料金支払いのため、電子マネーカードを購入するよう言われた。信じた男性は東京都内のコンビニエンスストアで電子マネーカード計10枚(49万円分)を買い、カード番号を教えたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ