PR

ニュース 社会

酒気帯び運転で看守停職 栃木・黒羽刑務所

 栃木県大田原市の黒羽刑務所は15日、酒気帯び運転をしたとして男性看守(24)を停職3カ月の懲戒処分にした。県警が道交法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検し罰金30万円の略式命令を受けていた。

 同刑務所によると、看守は昨年10月31日午前3時5分ごろ、大田原市中央付近で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した。警察官に職務質問を受け発覚した。

 同刑務所の小出稔所長は「国民の皆さまの公務に対する信頼を著しく損ね、深くおわびする。再発防止の徹底に努める」とのコメントを発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ