PR

ニュース 社会

NZで銃乱射、複数の死者 2カ所のモスク、男1人逃走

15日、ニュージーランド・クライストチャーチのモスクの外で座り込む男性に声をかける警官(AP)
15日、ニュージーランド・クライストチャーチのモスクの外で座り込む男性に声をかける警官(AP)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ニュージーランド南島のクライストチャーチで15日午後(日本時間同日午前)、2カ所のモスク(イスラム教礼拝所)で男らが銃を乱射した。複数の死者が出ており、地元警察は1人を拘束したと明らかにした。

 警察によると、男は2人おり、1人は逃走中。警察は住民に、屋外に出ずに警戒するよう呼び掛けている。市内の学校は封鎖され、全てのモスクに警官が派遣された。地元メディアは病院関係者の話として負傷者は50人に上る可能性があるとも伝えている。

 男らはバイク用のヘルメットや、迷彩柄の服を着用していた。1人はオーストラリア人とみられる。発砲は数十発に上り、目撃者によると自動小銃が使われた。発砲時、モスクでは礼拝が行われており、子供を含む約300人がいたとの情報もある。

 在クライストチャーチ日本領事事務所によると、日本人が巻き込まれたとの情報は入っていない。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ