PR

ニュース 社会

ひったくりと虚偽通報 偽計業務妨害の疑い 31歳女を書類送検

 現金950万円をひったくられたと虚偽の通報をしたとして、神奈川県警栄署は15日、偽計業務妨害の疑いで、横浜市栄区の無職の女(31)を書類送検した。署によると「借金返済のためにうそをついた」と容疑を認めている。

 書類送検容疑は昨年10月25日午後11時40分ごろ、栄区の路上で「手に持っていた950万円入りの紙袋をバイクに乗った人にひったくられた」などと虚偽の内容の110番をし、県警の業務を妨害した疑い。

 署によると、現場周辺の防犯カメラにバイクは写っていたが、無関係と判明。女が事件後に借金を返済しており、事情を聴いたところ、虚偽通報を認めた。現金は両親から預かったものだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ