PR

ニュース 社会

熱湯入浴で死なせた疑い 大阪の障害者施設、元職員を書類送検

 大阪市阿倍野区の障害者施設「グループホームティンク」で昨年5月、入所者の女性が入浴中に大やけどを負い死亡した事故で、阿倍野署は15日、業務上過失致死の疑いで、浴槽に湯を張った元職員の女性(60)を書類送検した。

 書類送検容疑は昨年5月12日夕、施設内にある風呂の湯の温度確認などをせず、入所者の川畑智子さん=当時(52)=を70~80度の熱湯に入浴させ、全身にやけどを負わせて死亡させた疑い。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ