PR

ニュース 社会

「500件くらいやった」空き巣疑いで男を再逮捕 神奈川県警

 民家に侵入して現金などを盗んだとして、神奈川県警捜査3課は14日、住居侵入と窃盗の容疑で、住所不定、無職の井上千紘被告(35)=窃盗未遂罪などで起訴=を再逮捕した。容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は平成30年9月13日午前6時50分ごろから午後9時15分ごろまでの間、別の男と共謀して横浜市旭区の民家2軒に侵入し、指輪や商品券12枚(額面計2万4千円)、現金約55万円などを盗んだとしている。

 同課によると、県警は13日に共犯の自称会社員、沢田卓志(たかし)容疑者(34)=川崎市麻生区=を逮捕。沢田容疑者は容疑を否認している。一方、井上容疑者は「借金を返すために500件くらい空き巣をやったが、共犯者はいない」などと供述している。

 県警は昨年1月ごろから10月ごろまでの間、愛知、山口など1都9県で犯行を繰り返していた可能性があるとみている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ