PR

ニュース 社会

「多重人格」被告の責任能力認める 准看護師殺害に無期判決

オーイシ・ケティ・ユリ被告
オーイシ・ケティ・ユリ被告

 平成26年に大阪市西成区の准看護師、岡田里香さん=当時(29)=を殺害して現金などを奪ったとして、強盗殺人罪などに問われた元同級生で日系ブラジル人、オーイシ・ケティ・ユリ被告(34)の裁判員裁判の判決公判が14日、大阪地裁で開かれた。上岡哲生裁判長は「完全責任能力が認められる。他人に成り代わるという身勝手な考えで犯行に及んだ」として、求刑通り無期懲役を言い渡した。

 上岡裁判長は判決理由で、犯行の動機について「親密な関係だった女性がいる中国へ渡航したかったが在留資格がなく、岡田さんを殺害し、旅券を取得しようとした」と認定した。

 その上で、争点だった刑事責任能力の程度を検討。ナイフを事前に準備したり、殺害後に現場の血痕を拭き取ったりしていたことを挙げ、「発覚を防ぐための行動を取っていた」と指摘。「善悪の判断能力や行動の制御能力が著しく低下していなかったことは明らか」として、事件当時の完全責任能力が認められるとした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ