PR

ニュース 社会

琵琶湖突き落としに賠償命令 7800万円、元少年3人

 滋賀県長浜市の漁港で平成27年7月、高校生金沢泰良さん=当時(16)=を琵琶湖に突き落として溺死させたとして、遺族が知人だった元少年3人らに計約9千万円の損害賠償を求めた訴訟で、大津地裁(西岡繁靖裁判長)は14日、3人に計約7830万円の支払いを命じた。

 訴状によると、遺族側は金沢さんが泳げないと知っていながら足の届かない深さの琵琶湖に突き落とし、事件を隠蔽しようとしたなどと主張していた。

 3人とも当時18歳で、15年9月、傷害致死容疑で滋賀県警に逮捕された。大津地検は突き落とした1人を家裁送致、他2人を不起訴とした。大津家裁はこの1人を少年院送致の保護処分とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ