PR

ニュース 社会

ノートに殴り書きメモか ピエール瀧容疑者を送検

警視庁湾岸署から送検されるピエール瀧容疑者=14日午前10時すぎ、東京都江東区の湾岸警察署(撮影・矢島康弘)
警視庁湾岸署から送検されるピエール瀧容疑者=14日午前10時すぎ、東京都江東区の湾岸警察署(撮影・矢島康弘)
その他の写真を見る(1/2枚)

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いでミュージシャン、俳優のピエール瀧容疑者(51)が逮捕された事件で、関東信越厚生局麻薬取締部が、殴り書きのような字体で記されたメモがあるノートを押収していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 麻薬取締部は昨年秋以降、瀧容疑者が薬物を使用しているとの情報を基に内偵捜査を実施。ノートは瀧容疑者のものとみられ、押収した携帯電話の履歴などとともに分析し、コカインの入手経路や使用状況に関連した記録がないかどうか調べている。

 麻薬取締部は14日、麻薬取締法違反容疑で瀧容疑者を送検した。午前10時ごろ、瀧容疑者を乗せた車が留置先の警視庁東京湾岸署を出発。瀧容疑者は灰色のスエットのような衣服を身に着けていた。大勢の報道陣がカメラを向ける中、口を真一文字に結び、少し疲れた表情を見せた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ