PR

ニュース 社会

【大学最前線 この人に聞く】被災地とともに未来をつくる 中井勝己・福島大学長

 食農学類の実習用農場は大学から徒歩で15分前後のところにあるうえ、県全域をキャンパスとした『農学実践型教育』を行います。こうした学びの実現に支援いただいている自治体や農業関係機関、企業のみなさんの期待にぜひとも応えたいと考えています」

 ■地域貢献と世界的視野の両立

 〈福島大学の源流は明治7(1874)年設立の福島師範学校講習所に遡る。昭和24(1949)年、福島師範学校と福島経済専門学校(旧福島高等商業学校)、福島青年師範学校の3校が合併して福島大学が誕生した〉

 「『グローバルに考え地域とともに歩む』は本学の理念の一つです。本学は地域に貢献できる人材の養成に重点を置いていますが、これは「福島県での就職」といった狭い意味ではありません。日本全国のさまざまな地域に対して貢献できる人材の養成を意味しています。また、『東北唯一の官立高商』としての伝統を引き継ぐ経済経営学類はグローバル人材の有用性を強調しており、地域と同時に世界に羽ばたく人材の養成も推進していきます。

 今年は創立70周年にあたり、秋に式典が予定されています。と同時に、国際的にも評価されている芥川賞作家の中村文則さんや詩人の和合亮一さんら本学OBや本学にゆかりの深い方々に福島大学応援大使に就任してもらいました。これは本年を基点として長期にわたって本学を応援してくれるような緩やかな組織づくりを見据えたものです」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ