PR

ニュース 社会

千葉・野田の死亡事故、3人の身元判明 「体調悪かった」と容疑者

交差点で3人をはね、介護施設の壁に突っ込んだ車=13日、千葉県野田市(白杉有紗撮影)
交差点で3人をはね、介護施設の壁に突っ込んだ車=13日、千葉県野田市(白杉有紗撮影)

 13日午前7時半ごろ、千葉県野田市清水公園東の市道交差点で、ワゴン車が信号待ちをしていた同市柳沢の無職、浜野哲夫さん(70)、同市野田の無職、大野ふぢさん(74)、同市柳沢の無職、高原和代さん(77)の3人をはねた。県警野田署によると、3人は病院に搬送されたが、いずれも死亡が確認された。

 同署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いでワゴン車を運転していた自称、同市光葉町の会社員、金子龍司容疑者(42)を現行犯逮捕した。調べに対し、容疑を認め、「体調が悪かった」と話しているという。

 同署によると、ワゴン車は交差点に入る手前で中央線を越えて歩道に乗り上げ、3人をはねた。その後も走行を続け、交差点近くの介護施設の外壁に衝突して止まった。現場に目立ったブレーキ痕はなく、金子容疑者はブレーキを踏まないまま3人に衝突した可能性がある。金子容疑者は事故後、自ら110番通報した。

 事故が起きたのは東武野田線清水公園駅の南東約500メートルの住宅街で、現場は片側1車線の見通しの良い交差点。同署が当時の状況や事故の原因を捜査している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ