PR

ニュース 社会

「2つの人格」どう判断 西成准看護師殺害14日判決

 弁護側の冒頭陳述などによると、日系3世のオーイシ被告は、小学校入学前に両親と弟とともに来日。大阪の私立高校へ進学したが中退。自身のルーツをたどるべくブラジルに帰国して高校へ編入するも、母国でも周囲に溶け込めなかった。

 編入先の高校を卒業後、日本へ戻ったが、在留資格の更新を怠ったために資格を失い、不法滞在の状態となった。こうして「他人に成り代わって普通の生活を送りたい」との衝動が抑えられなくなり、事件へと向かっていった。

 オーイシ被告は勾留中、ノートに自身のことを「中途半端でどちらにも属さない人間」とつづったという。弁護側は事件には酌むべき事情があると訴えている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ