PR

ニュース 社会

「2つの人格」どう判断 西成准看護師殺害14日判決

オーイシ・ケティ・ユリ被告
オーイシ・ケティ・ユリ被告

 平成26年に大阪市西成区の准看護師、岡田里香さん=当時(29)=を殺害して現金などを奪ったとして強盗殺人罪などに問われた元同級生で日系ブラジル人、オーイシ・ケティ・ユリ被告(34)の裁判員裁判の判決公判が14日、大阪地裁(上岡哲生裁判長)で開かれる。検察側は「岡田さんになりすますため殺害した」と無期懲役を求刑した一方、弁護側は「他人になりたい」という気持ちには被告の生い立ちが根底にあると強調。心神耗弱状態だったことも合わせて刑を軽くすべきだと訴えている。(矢田幸己)

 「人生リセット」

 「人生をすべてリセットするため、他人を殺害して成り代わるしかないと思った」。検察側が公判で読み上げたオーイシ被告の供述調書の内容だ。

 それらによると、事件前夜から岡田さん宅を訪れていたが、「勝手な都合で人生を奪ってしまうと考えると覚悟が決まらなかった」。しかし、翌朝に岡田さんから帰宅を促されて先延ばしはできないと思い、殺害に及んだという。

 「親密な関係だった女性と中国へ渡航する目的で、旅券や資金を得ようと岡田さんを殺害した」。「他人になりたい」という供述の背景を、検察側はこう説明する。これに対し弁護側は、供述の背景にはオーイシ被告の抱えていた“葛藤”があると強調した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ