PR

ニュース 社会

無許可で産廃処分 解体業の男ら逮捕

 家屋の解体工事で生じる産業廃棄物の処理を無許可で請け負ったとして、大阪府警生活環境課と泉南署は13日、廃棄物処理法違反容疑で、大阪府泉南市新家の解体業、堺竜也容疑者(42)を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は府知事の許可を得ずに、平成30年2月、家屋の解体工事で生じたコンクリートや木くずなどの処理を、約250万円で引き受けたとしている。産廃は同市新家の堺容疑者の所有地に放置していた。

 同課は処理を依頼したとして、同容疑で、同府八尾市恩智北町の建築工事業、大畑憲之容疑者(36)も逮捕。堺容疑者の所有地には、計約1万7千立方メートルの産廃が積み上げられており、同課はほかの業者からも産廃の処理を請け負った疑いがあるとみて捜査している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ