PR

ニュース 社会

障害者から同意なくDNA採取 兵庫県に11万円賠償命令

 兵庫県警の警察官がDNA鑑定のため本人の同意なく組織片を採取したのは人権侵害にあたるとして、重度知的障害がある兵庫県西宮市の男性(41)が県に対し165万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、神戸地裁であった。山口浩司裁判長は「男性に合理的な配慮がなされていたとはいえない」として11万円の支払いを命じた。

 判決などによると、男性は平成27年10月、西宮市の公園そばの地蔵尊でろうそくや線香に火を付けてポリ袋を燃やした。通報を受けて駆けつけた警察官が男性を県警西宮署に連行。男性はその後、同行した父親への説明や本人の同意を得る手続きなしに口の中に綿棒を入れられ、組織片を採取された。

 山口裁判長は判決理由で、男性は遺伝情報の価値と提供する意味を理解していなかったと指摘し、「書面の承諾があったとしても、法的に有効な同意とはいえない」とした。

 判決後、男性の代理人弁護士は「今後は障害者に丁寧な配慮を求めたい」と話した。一方、県警は「判決内容を検討し、今後の対応を決めたい」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ