PR

ニュース 社会

無理心中か、74歳書類送検 長崎、高齢兄弟3人転落死

 長崎県佐世保市の県営団地で昨年5月に起きた70代の兄弟3人の転落死について、県警は13日、兄と弟を上階から落として自らも飛び降りたとして、殺人の疑いで住人の無職男性=当時(74)=を容疑者死亡のまま書類送検した。

 県警によると、男性と弟=同(70)=は12階の部屋に同居し、事件当日に市内の障害者施設から兄=同(77)=を引き取っていた。事件への関与をほのめかす内容の男性手書きのメモが残されており、県警は将来を悲観して無理心中を図ったとみている。

 書類送検容疑は昨年5月29日午後9時10分ごろ、兄を11階と12階の間にある階段踊り場から落とし、約10分後に弟も同じ場所から落として殺害した疑い。男性はその後、自宅ベランダから飛び降り自殺したとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ