PR

ニュース 社会

「憂さ晴らし」ミニバイク放火、48歳男再逮捕

 大阪府東大阪市の住宅街で2月、不審火が相次いだ事件で、大阪府警捜査1課は13日、民家のミニバイクに放火したとして、現住建造物等放火未遂容疑で、住所不定、無職、畠山輝之被告(48)=器物損壊罪で起訴=を再逮捕した。「憂さ晴らしのためにやった」と容疑を認めている。

 再逮捕容疑は2月15日未明、同市東石切町の民家に止めてあったミニバイクにライターで放火。ミニバイクや民家の外壁などを焼損させたとしている。別の不審火の現場に向かっていた警察官が発見して消防に通報。けが人はいなかった。

 同課によると、不審火は約2時間半の間に計12件発生しており、畠山容疑者の逮捕は2回目。さらに数件への関与を自供しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ