PR

ニュース 社会

外国紙幣丸めて吸引か ピエール瀧容疑者宅で押収

関東信越厚生局麻薬取締部が入る九段第三合同庁舎から移送されるピエール瀧容疑者=13日午前、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
関東信越厚生局麻薬取締部が入る九段第三合同庁舎から移送されるピエール瀧容疑者=13日午前、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)

 コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反(施用)の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)の自宅から、吸引時に使用したとみられる外国紙幣を押収したことが13日、関東信越厚生局麻薬取締部への取材で分かった。外国紙幣は、本人の部屋から細く丸められた状態で見つかり、ストローのようにして鼻から吸引した可能性がある。

 麻薬取締部は瀧容疑者を取締部が入る東京都千代田区の庁舎から留置先の警視庁東京湾岸署に移送。12日の捜索で押収した携帯電話の通信記録などからコカインの入手ルートを調べる。

 瀧容疑者は移送時、眼鏡をかけ、フード付きの上着姿だった。車の後部座席に座り、うつむきがちで目を閉じていた。

 麻薬取締部によると、尿検査でコカインの陽性反応が出たが、逮捕時の言動に不審な点はなく、使用時期や摂取方法についても捜査する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ