PR

ニュース 社会

JR京都線で車両トラブル 一時運転見合わせ

 13日午前2時15分ごろ、京都府大山崎町のJR東海道線(京都線)山崎-長岡京間で、姫路発京都行き新快速電車の車両機器にトラブルが発生し、東海道線の高槻-米原間などで始発から運転を見合わせた。午前6時半すぎに運行を始めたが、運休や遅れが出ている。

 JR西日本によると、緊急時に周囲の列車を止めるための防護無線が作動したため、長岡京駅で乗客を降ろしたが、その後も停止しなかった。近くの車庫にあった車両から電波が発信されたのが原因とみられ、詳しい経緯を調べている。

 新快速は12日夜、山陽線の土山-魚住間の踏切で起きた人身事故の影響により、約1時間20分遅れて運行していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ