PR

ニュース 社会

「極めて身勝手」と指弾 放火殺人の男に無期懲役

Messenger

 新潟県上越市でアパートに火を付けて住人の女性=当時(70)=を殺害したなどとして、殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた清野敬史被告(44)の裁判員裁判で、新潟地裁は11日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 山崎威裁判長は判決理由で「極めて身勝手で全く同情できない。被告人が反省していることなどを考えても、有期懲役の余地はない」と述べた。

 被告は今回の事件以外にも高齢女性への昏睡強盗罪や別の現住建造物等放火罪などに問われており「犯行をエスカレートさせた。量刑に当たって考える必要がある」とした。

 判決によると、昨年2月18日、睡眠導入剤入りの飲み物を飲ませて眠った女性に乱暴し、室内にトイレットペーパーや衣類を散乱させサラダ油をまいて放火し、女性を一酸化炭素中毒で死亡させるなどした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ