PR

ニュース 社会

宮城県警、荒天で捜索取りやめ 東日本大震災の行方不明者

雨で煙る旧大川小学校の校舎=11日、宮城県石巻市(古厩正樹撮影)
雨で煙る旧大川小学校の校舎=11日、宮城県石巻市(古厩正樹撮影)

 東日本大震災から8年を迎えた11日、宮城県警は行方不明者の手掛かりを求め、沿岸部を集中捜索する予定だったが、荒天のため中止した。同様に津波で甚大な被害を受けた岩手、福島県警も、予定通り行うか検討する。

 宮城県内では、河川敷や漁港周辺など9カ所での捜索を計画。仙台市宮城野区の海岸では、仙台東署の署員らが砂浜をかき分けるなどして、遺留品などがないか探すことにしていた。

 岩手県宮古市の漁港では、県警宮古署や宮古海上保安署の職員らが、遺品など残されたものがないか探す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ