PR

ニュース 社会

アフリカゾウに襲われ飼育員けが 愛媛県立とべ動物園

Messenger
メスのアフリカゾウ「媛」(愛媛県立とべ動物園提供)
メスのアフリカゾウ「媛」(愛媛県立とべ動物園提供)

 10日午前10時25分ごろ、愛媛県砥部(とべ)町の県立とべ動物園で、男性飼育員(33)がアフリカゾウに襲われ、肋骨(ろっこつ)と左肩を骨折するなど重傷を負った。命に別条はないという。当時は開園中で約200人の客がいたが、他にけが人はなかった。同園は飼育員を救急搬送後、午前11時20分から臨時休園とした。

 園によると、襲ったのはメスのアフリカゾウの「媛(ひめ)」(12歳)で、重さは約2トン。男性飼育員は当時、1人でアフリカゾウ舎の運動場から、別の運動場へゾウを移動させていた。飼育している3頭中まず2頭を移し、次に媛を移動させようとしていたところ、媛が向かってきた。媛は他の2頭に比べ、移動を苦手にしていたという。

 男性飼育員がうずくまっているところを、別の飼育員が発見。けがをした飼育員は「上から押さえられた」という趣旨の話をしており、転倒させられ、踏まれるなどした可能性がある。愛媛県警松山南署などが詳しい経緯を調べる。

 同園の田村千明園長は「事故のない楽しい動物園になるよう努める」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ