PR

ニュース 社会

ドラレコ搭載車に防犯ステッカー 茨城・守谷市

Messenger

 茨城県守谷市は、走行中の映像や音声を記録する「ドライブレコーダー(ドラレコ)」の搭載車両に貼付する防犯ステッカーを作成した。「動く防犯カメラ」に見立てたドラレコの存在を周囲にアピールすることで、犯罪抑止につなげる狙いがある。市の公用車に使用しているほか、希望する市民らに配布している。

 ステッカーは縦6センチ、横23センチで、ドラレコの搭載を示すイラストとともに「防犯カメラ作動中」の文字が記されている。1千枚作成し、7日時点で約540枚が使用、配布された。

 同市は143台(今月末時点)の防犯カメラを市内に設置し、常時録画できるドラレコを公用車116台に搭載している。ステッカーは、あおり運転の抑制や事故原因の解明に役立つドラレコのさらなる活用が目的だが、市民らの使用に伴い防犯意識が向上することも期待されている。

 ステッカーは市交通防災課で無料配布中で、ドラレコの搭載車両を持つ市民か、市内の事業者を対象としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ