PR

ニュース 社会

赤坂の貴金属強盗 容疑で指示役の男を逮捕 6人目

 東京・赤坂の路上で、貴金属買い取り業者の男性2人から現金約8千万円を強奪し、けがを負わせたとして、警視庁捜査1課は、強盗致傷容疑で、元指定暴力団山口組系組員で、神奈川県綾瀬市吉岡東の職業不詳、松本剛史容疑者(38)を逮捕した。「全く身に覚えがない」と容疑を否認している。

 捜査1課は同容疑で、襲撃役や車の運転役の男ら5人を逮捕しており、今回で6人目。捜査1課によると、松本容疑者は指示役で、関係者の供述などから浮上した。

 逮捕容疑は、共謀して1月5日午後2時ごろ、東京都港区赤坂の路上で、男性2人の顔や胸を殴り、現金約8300万円が入ったバッグなどを強奪。2人にかすり傷や首の捻挫を負わせたとしている。

 男性2人は当時、金の買い取りを希望する連絡を受け、指定された現場付近のマンションに向かう途中だった。犯行グループが取引を装う電話をかけて呼び出したとみられ、捜査1課はほかにも関与した人物がいるとみて調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ