PR

ニュース 社会

「無意味で根拠のない罪」ゴーン被告が声明

カルロス・ゴーン被告(大西正純撮影)
カルロス・ゴーン被告(大西正純撮影)

 会社法違反(特別背任)などの罪で起訴され、東京地裁が5日に弁護側の保釈請求を認める決定をした日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(64)は同日、代理人を通じて声明を出した。家族や友人らに謝意を示した上で「私は無実であり、この無意味で根拠のない罪に対し、公正な裁判を通じ強く抗弁する」と強調した。

 地裁は5日、保釈を認めた決定に対する東京地検の準抗告を棄却しており、ゴーン被告は6日にも保釈される公算が大きい。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ