PR

ニュース 社会

除去土壌輸送中、トラックが転落 積み荷も落下 福島・浪江町の国道

Messenger

 4日午後1時ごろ、福島県浪江町の国道114号上で、除染作業で出た除去土壌を輸送中の大型トラックの左前方タイヤが脱輪、左側ガードレールにぶつかって3メートル下の草むらに転落した。衝撃で計8トンの除去土壌を詰めた積み荷の土嚢(どのう)(フレコンバッグ)5袋すべてが草むらに落下した。

 県警双葉署と環境省によると、運転していた福島市の男性(67)にけがはなく、土嚢の破損は確認されていない。

 現場は東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域にあたり、付近に住民はいない。事故後、現場を測定した環境省福島環境事務所によると、周辺の空間線量は毎時1・4マイクロシーベルトで、事故による影響はないとしている。

 トラックは福島市の仮置き場から大熊町の中間貯蔵施設までフレコンバッグを輸送していた。同署で詳しい事故原因を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ