PR

ニュース 社会

1.8億円脱税、「青汁王子」を起訴 東京地検特捜部

Messenger
三崎優太容疑者(提供写真)
三崎優太容疑者(提供写真)

 約1億8000万円を脱税したとして東京地検特捜部は4日、法人税法違反などの罪で、青汁などを扱う健康食品販売会社「メディアハーツ」社長、三崎優太容疑者(29)=東京都渋谷区=ら2人と、法人としての同社を起訴した。三崎被告は同社で多額の収益を上げ、「青汁王子」として一部メディアで取り上げられていた。

 起訴状によると、平成27年9月期と29年9月期に架空の広告宣伝費を計上するなどして同社の所得を隠し、法人税約1億4000万円を免れたほか、26年10月~27年9月と28年10月~29年9月の消費税約4000万円を免れたとしている。

 特捜部は三崎被告とともに法人税法違反幇助(ほうじょ)などの容疑で逮捕した東京都新宿区の会社役員、加藤豪(ごう)容疑者(34)を起訴。別の会社に対する同法違反幇助などの容疑で加藤被告を再逮捕した。同法違反幇助などの容疑で逮捕した事務代行業の女性(50)は不起訴処分とした。

 関係者によるとメディア社は、加藤被告が役員を務める健康食品会社の口座に架空の広告宣伝費を入金。三崎被告は一部をキックバックさせ、投資に充てたとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ