PR

ニュース 社会

逮捕の教諭自殺未遂、埼玉 わいせつ容疑、釈放後

Messenger

 埼玉県警西入間署に強制わいせつ容疑で逮捕され、釈放された同県坂戸市立中の大原健一郎教諭(58)が、自宅で自殺を図り、意識不明の重体で病院に搬送されていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。同署が詳しい状況を調べている。

 西入間署によると今年1月、同県鶴ケ島市のマンション入り口で、帰宅してきた女性に背後から抱きつくなどしたとして2月13日に逮捕し、翌14日の送検後に釈放した。逮捕時は「酒に酔っていて全く覚えていない」と、容疑を否認していた。

 捜査関係者によると、同26日昼ごろ、自宅を訪ねた市教育委員会の職員が、意識のない状態の教諭を発見。状況から首をつって自殺を図ったとみている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ