PR

ニュース 社会

町議が酒気帯び運転疑い 辞職願提出、徳島・藍住

Messenger

 徳島県藍住町の矢部幸一町議(68)が道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで摘発されたことが4日、町議への取材で分かった。矢部氏は3日、辞職願を町議会議長に提出し受理された。「あってはならないことをした。申し訳ない」と話している。

 矢部氏や徳島板野署によると、3日午前1時ごろ、町内の自宅近くの県道で車を運転し巡回中の警官に止められ、呼気検査で基準値を超えるアルコールを検出。署が任意で事情聴取を続け、同法違反容疑で書類送検する方針。

 矢部氏は2日午後5時~3日午前0時ごろ、町内で自ら営む飲食店で、ビール3杯と酎ハイ2杯を客の勧めで飲んだという。矢部氏は平成28年に初当選し1期目。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ